お知らせお知らせ

熊本銭湯『2/12 今日の熊本城』

 

「ねぇ熊本銭湯、どうして外国人向けツアー銭湯になったの?」

「銭湯に行ったことのない方にご入浴を、となった時、海外の方を想定するのが1番ハードルが高かったんです。」

「厳しいところに挑戦した訳だね。確かに言語や文化の違いもあるしね。」

「はい。日本の若者からもルールーやマナー、入浴の手引きがあると行きやすいとご要望もあって・・・。」

「だから『湯道』について説明し、日本人のこころや銭湯やについて学ぶ、と。」

 

 

「はい。日本への理解が深まれば、普段の生活も過ごしやすくなるでしょう。」

「なるほど。ところで銭湯って地方によって違うの?」

「そうなんです。だから日本人・外国人の別なく、日本中を旅して地方色ある銭湯を巡っていただきたいんです。」

 

 

「銭湯を巡って、その土地ならではの場所・お店・人に出会うっていいですね。」

「はい。点と点を結んでツアーとして運用できると、うちのような地方の銭湯にも可能性が広がるでしょう。」

「なるほど。そうだったんだね。」

「はい。大切な全国の銭湯、みなさんに親しんでいただきたいですもの。」

「熊本銭湯、いつもここから見てますからね。」

「はい。ありがとうございます。☺」

copyright©熊本県浴場組合 all rights reserved.
×
MENU