お知らせお知らせ

熊本銭湯の日記『2016.4.16 SNSとマスメディア』

2016.4.16(土)1:25 マグニチュード7.3 最大震度6強 の地震発生。

電気・水道も止まりました。

 

熊本市内の中央区・東区・南区の銭湯は営業不可。世安湯は崩壊、休業です。

停電の中、HPの内容(無料入浴支援)をどう訂正すればいいのか途方にくれました。

1:46 マグニチュード6  最大震度6弱

3:55 マグニチュード5.8 最大震度6強  この時点で電気復旧。良かった!

 

●SNS一瞬で情報が広がり、つながる強さは素晴らしいです。ただ問題もあります。

すぐHPを更新したのですが、既に前日の情報が拡散され取集がつかなくなっていました。

善意の拡散が、膨大な誤情報の拡散となり、各銭湯は大変な状況になりました。

営業できなくなった銭湯にも人が押しよせ、電話が鳴り続けました。

予想していない展開。

災害時、刻々と情報が変化することへの対応を考慮していませんでした。大反省です。

HP上での注意書きとして

「情報を拡散する場合、情報源の発信元(ホームページのアドレス・リンク先)まで併せて発信していただけると嬉しいです。」

と記載すべきでした。

 

このことで学んだこと・良かったこともたくさんあります。

●親切な若者たちSNSを使いこなす頼もしい若い人たちに、心から感謝しています。

*世安湯休業を知らずに来店された方々に、誤情報の拡散に困っていると相談したところ、サクサクとその場でスマホから正しい情報や、熊本銭湯HPのアドレスを発信してくださいました。皆さん親切で優しかったです。

あの時助けてくださった大勢の皆さん、本当にありがとうございます!

 

マスメディア:熊本市内の放送局(NHK・KAB・RKK・KKT・TKU)・新聞・ラジオ等、マスコミの皆さんの不眠不休の報道対応。心の近さ、あたたかさに、日々感謝の気持ちでいっぱいです。

*無料入浴の情報・各銭湯の取材を丁寧に発信してくださいました。各銭湯の士気も上がりました。

*熊本県民こころの新聞『くまにち』こと『熊本日日新聞』。現在も、無料入浴支援情報を毎日掲載してくださってます。

*小山薫堂さんが、ご自身のラジオ番組 TOKYO FM『ジャパモン』の中で、「熊本銭湯HPで営業銭湯の最新情報を確認するよう」放送して下さいました。おだやかなお声に、癒されました。

 

ジャパモン 2016.4.24オンエアブログ  ← よろしければこちらをご覧ください。

 

 

HP制作会社:そもそも災害時を全く想定していなかったHP。4.19には株式会社CUBEさんが対応してくださいました。

株式会社CUBE 熊本地震 ← 吉川社長のブログをご覧ください。

あの非常時に気持ちよく対応してくださいました事、心より感謝申し上げます。

災害時をも想定したHP、非常時にも対応できる優秀な会社を選ばれることをおすすめします。

copyright©熊本県浴場組合 all rights reserved.
×
MENU