組合について組合について
  • 熊本県公衆浴場業生活衛生同業組合(以下浴場組合という)は、地域住民の公衆衛生の向上及び増進並びに福祉の向上に必要なものとして利用されている公衆浴場、いわゆる銭湯の経営者の組織であり、「生活衛生関係営業の運営の適正化及び振興に関する法律」(昭和32年法律第164号)の規定に基づき、昭和33年9月17日に設立された熊本県知事認可法人です。
  • 当浴場組合は、公衆浴場営業について、衛生施設の改善向上を図るため、各営業者の自主的活動を推進するとともに、経営の安定をもたらすための措置を講じることによって、公衆衛生の向上 及び増進に資し、並びに国民生活の安定に寄与することを目的としています。現在、熊本県内の17軒が営業(平成27年4月現在)し、当組合に加盟しています。
  • 事業の概要

    公衆浴場の活性化対策(利用促進事業)に関する事業
    組合員に対する衛生施設の維持及び調査
    組合員の福利厚生に関する事業
    老人福祉や地域福祉の増進について組合員への指導その他実施に資する事業
    その他
  • 熊本県公衆浴場業生活衛生同業組合

    理事長

    野村 雄亮
    〒860-0823 熊本市中央区坪井2丁目5-28(大福湯)

    事務局

    〒860-0823 熊本市中央区世安町448(世安湯)

copyright©熊本県浴場組合 all rights reserved.
×
MENU