お知らせお知らせ

熊本銭湯の復興日記『家族を犠牲にしない』

DSC_0206

 

「家族を犠牲にしない。」「家族に負担をかけないために、どうするか考えた。」

 

ある銭湯主さんから熊本銭湯への言葉。

この方は、想いを叶え、幸せな銭湯を営んでいる。

 

確かに。

24時間中15時間を銭湯のために割く生活は、負担が大きい。

定休日は設備や施設のメンテナンスに追われて、ゆっくりできない。

疲弊し消耗するなら、休みは大切。

笑顔のために。

 

働き方を見直そう。

copyright©熊本県浴場組合 all rights reserved.
×
MENU